今、必要なビジネス教育とは? それに依るメリットは何なのか?

ビジネス教育の定義とは? また、日本に必要なビジネス教育とは?

フリーター誕生

実は、フリーターは景気の良いバブル期に、自主的に誕生したそうです。
ですがバブル経済崩壊後(リーマンショック後も)の就職氷河期になると、不景気を背景に正社員になれない人達が仕方なくフリーターになる時代がきてしまった、という事です。
では、このフリーターなる人々の定義とは何なのでしょうか?
内閣府はフリーターを次の如く定義しています。
それに依ると「15才から34才迄の若者で、主婦でも学生でもなく、パートやアルバイトという雇用形態で働いている者、或いは働く意思のある無職の者」と云う事です。
無職をフリーターと言うのは変な気がしますが、職を転々とする人が多いので、無職の時期があるのも確かですね。
親の庇護もなく夫の収入もない、これが主業の人が、常に生活が不安定なのは当然の事であると思います。
何と言ってもこの人達の弱みは、一つの職業につかない為、常に「未熟練労働者」である事だ、と言う人もいます。

今、ビジネス教育は変換が必要

片やニートは無職を自ら選択する人、つまり働く気がナイ人です。
だからフリーターとニートを一括りにはできません。
只、共に生活が安定したモノでない事だけは一致しています。
生活が安定していない者が経済社会を回す事も支える事も無いのは当然です。
そう云う人達が増える一方では、経済社会の活力を低下させる事は明らかで周りの人々に不安を与える事も確かでしょう。
では、そうした状況を打破或いは予防する為に必要な教育とは?
今、ビジネス教育は職業訓練とは異なり技術取得最優先ではなく、豊かな人間性を持たせた上での職業に対する意識改革も大切であるとしています。
意識改革とは、自動的に毎月のサラリーを得る為に働くサラリーマンではなく、自主性を持って仕事に取り組むビジネスマンを育成するという様な事です。
働かされる、から働くへのチェンジとでもいった所ですね。
これから、そのチェンジの理念は益々大切になるのではないかと思われます。


この記事をシェアする