ビジネス教育をすることで得られるメリット

今、必要なビジネス教育とは? それに依るメリットは何なのか?

フリーターとニートの違いは? その定義と経済社会との関係性は?

ビジネス教育とは、一体どの様なものか?すぐにイメージできるでしょうか?
人によっては米英等の、即戦力・エリートの入り口と言われる「MBA」を思い浮かべるかもしれませんし、また人によっては体育会系のノリで合宿を行う様な「超短期講座」を思い浮かべるかもしれませんね。それ程の開きがある事柄でも「ビジネス教育」の一環に入るという位、領域が広いものです。それを、どういう定義づけで語るかは非常に難しい事だと思いますが、前述したMBAも超短期講座もそれなりの実績があり、必要とされているから存在しているのですよね。つまり、国や社会そして企業によって必要とされるビジネス教育は様々だと云う事です。
では、この日本の経済社会として、今必要とされるビジネス教育とは何か?を考えた時、前述した2通りの様な教育(後者は教育というより訓練に近いと思いますが)では正に「帯に短し襷に流し」という所ではないでしょうか…MBAは世界の名門米ハーバード大等にも設立されているコースで、エリートの条件と言われる資格ですが(日本でも取得可能)なにしろ取得は困難です。今の日本に近々に必要だから「皆で取りなさい」と言えるものではないでしょう。考え方も、今の日本社会に完全に合致しているかと言えば、多少違うと云う気がします。
例えば、日本では随分前からフリーターという働き方が問題視されてきました。現在は更にニートという人々も加わりました。この事からも、今後の予防措置としてのビジネス教育という側面も大事ではないでしょうか。今必要なビジネス教育のヒントが隠されているのではないか、とも思うのです。そんな中、日本の教育界の多くが言うには「ビジネス教育は基礎と基本能力が根底にあった上でのプラスアルファな人材を育てる事」だそうです。ではそれは具体的にどの様な事なのか?メリットは?を考えて行きたいと思います。